トピックス詳細

2020年11月 1日

「株式会社WORKERS DOCTORS」の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

当社は、2020年10月22日開催の同社取締役会において、以下のとおり株式会社WORKERS DOCTORS(本社:東京都杉並区、以下「WORKERS DOCTORS」)の全株式を取得することについて決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.株式取得の理由

日本調剤グループは、創業以来一貫して「真の医薬分業の実現」を企業理念として掲げて、全国で667店舗(2020年10月1日現在)の調剤薬局を運営し、他社に先駆けて全都道府県での出店を果たすなど、全国に良質な医療サービスを提供しております。当社においては、調剤薬局事業で培った人材ノウハウを活用して、全国に12拠点を展開し、薬剤師や医師、看護師などの医療従事者の紹介・派遣事業を展開しております。

今回、株式を取得するWORKERS DOCTORSは、代表者の30年以上にわたる産業医としてのノウハウをもとに、首都圏を中心に産業医業務提供事業を展開、企業の労働衛生管理をサポートすることで、大手企業や地方自治体から厚い信頼を得ています。

2030年には、日本の人口減少がさらに進むことで「人口の約1/3が高齢者になる」と言われており、労働人口の減少や高齢者の増加による医師不足が懸念されております。また、昨今の大きく変化する労働環境や企業経営においても、産業医の重要性は、ますます増加すると考えております。

そのような背景の中、当社は医師の紹介事業を強化しており、紹介実績は順調に推移しております。

今回の株式取得により、当社の持つ医師紹介実績や全国規模の営業体制とWORKERS DOCTORSが保有する産業医に関するノウハウやネットワークを活用することで、産業医業務提供事業の全国への展開を図り、業容をさらに拡大し、企業の健康経営には欠かせないメンタルヘルスを含む健康管理を中心とした労働衛生管理へのさまざまなニーズに幅広く対応できるものと考えております。

 WORKERS DOCTORSの「企業で働く皆さまの笑顔を創造すること、企業と産業医の共通の“想い”である安全で衛生的、健康的で明るい環境作りの一翼を担うべく、その橋渡しとして産業医関連のサービスを提供すること」という使命は、日本調剤グループが目指す、社会的課題解決に向けた「総合ヘルスケアカンパニー」という考えとも親和性が高く、ともに成長していくことによって日本の産業界・医療業界に貢献できればと考えております。

2.株式会社WORKERS DOCTORSの概要(2020年10月22日現在)

商号 株式会社WORKERS DOCTORS
所在地 東京都杉並区高井戸西 1-27-20 築山ビル 2F
代表者の役職・氏名 伊東 一郎
事業内容 産業医業務提供
資本金 1百万円
設立年月日 2012年9月6日
Webサイト https://www.workersdoctors.co.jp/ 

 

 

以 上

 

株式会社メディカルリソース
代表取締役社長 三津原 庸介