薬局の事業承継・買収をお考えの方へ

どうしてM&Aするなら今がお勧め?

業界再編が進む調剤薬局業界ですが、後継者不在問題に加え、度重なる調剤報酬改定により、薬局のオーナーが経営に不安を感じ、利益が出ている優良薬局でも譲渡を希望するケースが増えてきています。
今後更に業界再編が進むと、優良な薬局は大手薬局チェーンに買収され、譲受が難しくなることもあり得ます。そのため、M&Aのタイミングとしては今からご検討いただくことをおすすめいたします。

お問い合わせ
  • 事業承継、買収のメリット

    新規出店するには、処方元の先生を見つけることはもちろん、薬剤師・事務の確保、テナントの確保、機器の導入、内装工事、許認可の取得等が必要です。さらに、苦労して開店しても、予想より処方箋が集まらず、かかりつけの患者さまがつかないというリスクもあります。資本力のある調剤薬局チェーンと異なり、独立志望の方や事業拡大を考えている中小規模の薬局の経営者様では、患者さまがつくまで数年待つほどの余裕はないとも言えるでしょう。そのため、すでに営業しており、処方箋も十分に受けていて、利益が出ている薬局を買収する方がベターです。

  • 譲渡のメリット

    年齢や家庭の事情により引退せざるを得ない、または薬剤師不足により継続が困難となる薬局だけではなく、しっかりと利益が出ている薬局でも、将来のために譲渡を決断されるオーナーが増えています。 良い相手に譲渡することによって、ドクターや患者さまに迷惑をかけないことは勿論、より質の高いサービスを提供でき、社員にとっては、採用・教育・福利厚生の充実、オーナーにとっても創業者利潤の獲得、連帯保証の解除等、多くのメリットがあります。

しかし、双方が本当に満足のいく
マッチングを叶えることは容易ではありません。

効果的なマッチングのために、私たちにご相談ください!

希望を詳細にヒアリングし、ニーズに合った候補をご提案します。
有益な情報をご提供し、双方の合意までをしっかり
サポートすることで、買収側・譲渡側の双方がご納得いただける形での
M&Aの実現を目指します。

お問い合わせ

両社が培ってきたノウハウをもとに、
満足度の高いマッチングの実現を目指します!

お問い合わせ

ご契約までのサポートの流れ

  • お問い合わせ受付
  • 企業概要書(ノンネーム)の検討
  • 秘密保持契約の締結
  • 企業概要書(詳細)の検討
  • 提携仲介契約の締結
  • 個別詳細資料の検討
  • トップ面談・企業訪問
  • 買収価格等の条件交渉
  • 基本合意契約の締結
  • 買収監査
  • 最終条件の交渉
  • 最終契約の締結・デリバリー・決済
  • ディスクロージャー
買い手候補様が、譲渡企業の会計・法務等の監査を実施します。
  • お問い合わせ受付
    ページ下部のフォームにてご連絡を承ります。
  • 企業概要書(ノンネーム)の検討
    買い手候補様へのM&Aの提案は、各企業様へ譲渡企業を特定できない『ノンネーム資料』によって提案いたします。
  • 秘密保持契約の締結
    買い手候補様がノンネームによる提案を受けて対象の譲渡案件に興味をお持ちになった場合、社名を含めた具体的な情報が記載された情報に基づく検討に入って頂きます。その際に締結して頂くのが秘密保持契約です。
  • 企業概要書(詳細)の検討
    買い手候補様が案件検討のために秘密保持契約を締結していただいたら、日本M&Aセンターから『企業概要書』を提供し、詳細な検討をして頂きます。
  • 提携仲介契約の締結
    買い手候補様が企業概要書を基に具体的な検討を経て、M&Aに向けて交渉に入りたいということになれば、当社と提携仲介契約を締結して頂きます。
  • 個別詳細資料の検討
    本格的な検討に入ると、企業概要書だけでは不足する情報が出てきます。買い手候補様の、譲渡企業に対して発生した質問を日本M&Aセンターが整理し、疑問の解消に向けての資料を調えていきます。
  • トップ面談・企業訪問
    トップ面談とは、譲渡企業と買い手候補様両社の経営者同士が初めて顔を合わせる場面です。M&A業界ではまさに「お見合い」とも呼ばれています
  • 買収価格等の条件交渉
    条件交渉を行い、買収条件の概要確定を目指します。 理想の相手が見つかった、とほっとしている譲渡企業にとって、厳しい場面でもあります。もっと具体的な話になってきて、譲渡企業は「買い手候補様が急に冷たくなった」と感じたり、「こんなはずではなかった」と感じることもあります。
  • 基本合意契約の締結
    双方の企業文化に納得がいき、譲渡企業と買い手候補様の希望する条件がほぼ固まると「基本合意契約」を締結します。「基本合意契約」は最終契約に向けた直前段階のものです。
  • 買収監査
  • 最終条件の交渉
    買収監査の結果をもとに最終条件や細目事項の決定をし、最終契約書案を作成していきます。
  • 最終契約の締結・デリバリー・決済
    譲渡企業と買い手候補様が契約条件に合意したら、法的にM&Aを成立させるための手続
  • ディスクロージャー
    M&Aの実行(デリバリー)の前後では、譲渡企業と買い手企業両社の関係者等に対し、ディスクロージャー(発表)を行うことになります。
薬局の事業承継・買収をお考えの方へ